スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダメじゃん小出

pic_koide_tekiya_01.jpg


「怖い人かと思ってたけど、本当は優しい人です。にーさんと呼んでます。」  (渡辺あきら)

「一口目よりも二口目。三口食べたらやみつきになる。芸のフルコース!」  (シンクロニシティ ラガー)

「一言で、一瞬で、場を支配する芸人です。」  (シンクロニシティ チャチャ)

「今、日本で最もスーツが乱れないパフォーマーとして注目を集めている。」  (リスボン上田)

「関西でも大爆発。トークと顔で日本社会の今後を変えれるんちゃう?」  (ロッキィー)
スポンサーサイト

シンクロニシティ

pic_synchro_01.jpg

2人組ならではのバリエーションを生かしたジャグリングを展開するペアパフォーマー。
この舞台でも、息の合ったペアだからこその技を、新たに作り出しました。
最近テレビでも見る幇間芸を基にしたアノ芸。そう、ジャグラーがやるんです。

シンクロニシティ 公式サイト

ロッキィ

pic_rockey_01.jpg

シルベスター・スタローン演じる映画「ロッキー」似が特徴のパフォーマー。
今回は舞台狭しと駆け回り、ダイナミックで他の誰もが真似のできない演技をみせる。
観客の意外性をつき、今までみんなが知っていたロッキィーの発展した姿を見逃してはいけない。

ロッキー 公式サイト ※本公演とは何の関係もありません

渡辺あきら

pic_akira_01.jpg

スタイリッシュなジャグリングが売りのパフォーマー。
『デビュー』の舞台では、さらに磨きのかかったスタイリッシュさで、
計算しつくされたジャグリングを創作。
“関ジャグ5”では、リーダーとして見事なMC役を務めている。

渡辺あきら 公式サイト

リスボン上田

pic_lisbon_01.jpg

ずいぶん前に日本チャンピオンになったデビルスティックの技と、ビミョーなダジャレのパフォーマー。
そんなビミョーさをこれでもかと言うほど味わえる、リスボンワールドのコントをお見せします。
いやいや、なんのなんの。このビミョーさが癖になる人が、きっと関東にはいるはずです。

リスボン上田 公式サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。